加入收藏 | 设为首页
中文版 | 日文版
联系我们
北京平成日本语学校
北京市朝阳区望京新城西园三区311楼三层
电话:010-64742298
联系人:郝振武
网址:www.pchschool.com
企业文化
您当前的位置:首页 > 企业服务 > 企业文化

中国企業3社の世界5強入りを冷静に受け止めよ

来源:日语学校 录入时间:2012-04-18 11:06:28  

世界トップ企業500社に関する情報が、人々の注意を集めている。

 世界トップ企業500社の一つである米ゼネラル・モーターズが破産を申請した。かつて米国工業の象徴となり、何度も「世界トップ企業」に輝いた大企業が今では苦難に遭い、米国で4番目の大規模破たんを引き起こした。これらは人々が嘆き悲しむ深刻な金融危機が実体経済にもたらした災難である。

 英『フィナンシャル・タイムズ』は、2009年度世界トップ企業500社を発表した。上位5社にエクソンモービル、中国石油天然気(ペトロチャイナ)、ウォルマート、中国工商銀行、中国移動がランクインし、中国企業3社が世界の上位5社に入った。

 かつて世界トップ企業500社にランクインすることを発展の目標としていた中国企業にとっては、勢いを示すことになったに違いない。ゼネラル・モーターズなど有名企業が苦境に陥っている時でも、中国企業は世界経済の注目の的となっているのだ。また今回の世界トップ企業500社のデータを分析してみると、中国は47社がランクインし、時価総額は1兆9000ドルで、米国にわずかに劣るだけで英国と日本を超えている。中国が世界トップ500社の「第一陣」入りしたことは素晴らしいことで、中国経済の実力を示し、中国の世界経済における発言権をより高めている。

 しかし、喜びを味わった後、私たちは中国企業3社が世界トップ5入りした事実を冷静に受け止め、中国企業の格差を直視し、中国企業が後に続いて発展できる原動力を模索すべきである。

 

まず、中国企業が順位を上げたのは中国企業自身がめざましい発展を遂げたからではなく、国際金融危機の背景がそうしたのである。金融危機の中で、トップ500社入りした企業の時価総額は昨年の26兆8000億元から今年は15兆6000億元まで大幅に減少、下げ幅は42%に達した。企業の発展は流れに逆らう船のごとく後退し、他国の大企業の時価が大幅に縮小する中、着実に発展を続ける中国企業は上りつめ、台頭してきた。

 次に、売上高は世界トップ企業500社を決める主な指標だが、企業が強大であるかどうかを見極めるにはさらに総資本、資本の質、市場規模、革新能力、管理レベル、利益能力、発展潜在力の多方面の要素を見る必要がある。ところが、ある指標は中国企業の弱点である。中国は世界のトップ500社にランクインし、売上高は良好と言えるものの、利益状況は完全に満足できるものではなく、その他の多国籍企業との差も大きい。例えば、エクソンモービルの昨年の売上高は4428億5000万ドル、利益は452億ドルで、中国石油天然気をはるかに上回っている。そのため、中国企業はまだ経営の質と管理レベルを高める必要がある。

 3つ目に、中国企業の急成長は、多くの場合が中国のマクロ経済が上昇周期にあるとき、また石油や一部の原材料製品の価格が大幅に上昇している良好な外部条件のもとで起きていることがわかる。世界トップ企業500社に入った中国企業は全て国有企業で、一部は消費者独占型企業で、他にも行政が関与し負担を軽減し大規模化している企業もある。したがって、中国の大企業は発展の規模だけでなく、発展の質にも重視しなければならない。市場の動きの中で苦労を経て広く世間を見て、自身の競争力を高める必要がある。ゼネラル・モーターズのような数多くの経験を積んできた、100年の歴史を持つ企業ですら困難に直面している中、成長する中国企業は産業構造の調整、市場の調査・研究と販売の強化、革新能力の向上を積極的に行い、大きくするより強くし、人々に尊重され、国際競争力と世界的な影響力を持つ大企業となる必要がある。
 

Copyright? 2007-2009 pchschool.Com .All Rights Reserved  北京平成日本语学校
留学咨询电话:010-64742298 培训班咨询电话:010-64756276  FAX:010-64742281 E-MAIL: pch@pchschool.com
地址:北京市朝阳区望京新城西园三区311楼三层